Email

第2回パワー・サプライ・デザイン・セミナー(PSDS)2022

Description

March 28, 2022

LDO を使用せずに低ノイズと低リップルを実現する方法

日本テキサス・インスツルメンツ 営業技術本部 フィールドアプリケーションエンジニア

佐藤 丈仁

ノイズに敏感なシステムの多くは、低ノイズかつ低リップルの電源を回路に供給するために、低ドロップアウト・レギュレータ (LDO) を採用しています。一方、このような電源レールに対する電流要求値は大きくなってきており、サイズ、電力損失、発熱、コストの面において、設計者はLDOを選択することに抵抗を感じることがあります。本セッションでは、スイッチング電源でリップルを低減するいくつかの手法を説明し、低ノイズと低リップルを可能にするスイッチング電源ソリューションについて紹介します。

Download webinar slides

Additional information

arrow-topclosedeletedownloadmenusearchsortingArrowszoom-inzoom-out arrow-downarrow-uparrowCircle-leftarrowCircle-rightblockDiagramcalculatorcalendarchatBubble-doublechatBubble-personchatBubble-singlecheckmark-circlechevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upchipclipboardclose-circlecrossReferencedashdocument-genericdocument-pdfAcrobatdocument-webevaluationModuleglobehistoryClockinfo-circlelistlockmailmyTIonlineDataSheetpersonphonequestion-circlereferenceDesignshoppingCartstartoolsvideoswarningwiki