Email

パワー・モジュールがもたらす真の価値

パワー・モジュールは、電源をコンパクトにさせるためにベストな手法と知られています。このトレーニングでは、TI のパワー・モジュールの利点を各ビデオを通して解説していきます。

1. DC/DC パワー・モジュールを活用した真の価値

このセクションでは、パワー・モジュールを活用した電源設計の簡素化法、インダクタの耐圧、高温保存によるストレス試験について解説します。
# Title Duration
1.1 パワー・モジュールで電源設計を簡素化
DC/DC パワー・モジュールは電源の設計プロセスを簡素化できると聞いているかもしれません。しかし「簡素化する」とは具体的にどのようなことなのかを、このトレーニングではパワー・モジュールをディスクリート・コンバータやコントローラに比べて使いやすくすることで、電源設計のあらゆる面を掘り下げていきます。
10:17
1.2 パワー・モジュール:インダクタの耐圧
より高い入力電圧能力へのトレンドは、電源に使用されるインダクタに大きなストレスを与え、絶縁破壊につながる可能性があります。このトレーニング・ビデオでは、最大 60V の動作入力電圧に達した TI の統合型パワー・モジュールのポートフォリオが、、どのように信頼性を保証するのかをご覧ください。
05:43
1.3 パワー・モジュールの高温保存によるストレス試験
TI の高温保存(HTS)テストのプロセスは、長期間にわたって高温に耐える部品の能力をシミュレートします。このビデオトレーニングでは、TI の統合型パワー・モジュール用のHTSテストのプロセス、および TI がどのようにしてより信頼性の高いパワー・モジュールを保証するか解説します。
11:31
Login required
arrow-topclosedeletedownloadmenusearchsortingArrowszoom-inzoom-out arrow-downarrow-uparrowCircle-leftarrowCircle-rightblockDiagramcalculatorcalendarchatBubble-doublechatBubble-personchatBubble-singlecheckmark-circlechevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upchipclipboardclose-circlecrossReferencedashdocument-genericdocument-pdfAcrobatdocument-webevaluationModuleglobehistoryClockinfo-circlelistlockmailmyTIonlineDataSheetpersonphonequestion-circlereferenceDesignshoppingCartstartoolsvideoswarningwiki