メール

複数クロックの同期:ハードウェア設定

説明

2017年 12月 19日
DSO(オシロスコープ)、レーダー、5G ワイヤレス・テスター向けのマルチチャネル JESD204B 15GHz クロッキング・リファレンス・デザインは TI の VCO 内蔵 LMX2594 広帯域 PLL を使用し、10MHz ~ 15GHz のクロックと JESD204B インターフェイス用 SYSREF を生成することにより、個別のボード上で 2 個の高速チャネルをサポートできます。15GHz のクロック周波数の場合、10KHz のオフセット位相ノイズは -104dBc/Hz 未満です。TI の ADC12DJ3200 高速コンバータ EVM を使用することにより、5.25GHz の入力信号時に、10ps(ピコ秒)未満のボード間クロック・スキューと 49.6dB の SNR を実現します。このビデオはTIDA-01021 クロッキング・ボードの 2 つのクロック出力の間の DEV_CLK スキューと、2 個の ADC12DJ3200EVM のアナログ・チャネル間スキューを解説します。 

Additional information

arrow-topclosedeletedownloadmenusearchsortingArrowszoom-inzoom-out arrow-downarrow-uparrowCircle-leftarrowCircle-rightblockDiagramcalculatorcalendarchatBubble-doublechatBubble-personchatBubble-singlecheckmark-circlechevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upchipclipboardclose-circlecrossReferencedashdocument-genericdocument-pdfAcrobatdocument-webevaluationModuleglobehistoryClockinfo-circlelistlockmailmyTIonlineDataSheetpersonphonequestion-circlereferenceDesignshoppingCartstartoolsvideoswarningwiki