設計のヒントを短時間で習得!日本語ウェブセミナー集

メール

4.5 30分でわかる!FA機器向け光学式・超音波式距離検出の課題と設計方法

説明

2018年 12月 9日
ファクトリ・オートメーションにおけるセンサによる距離検出では、高・低温、高湿度や埃などの環境、精度、感知する素材などの課題、およびロボットやセーフティガードなどさまざまなアプリケーションへの対応が求められています。このビデオでは、光学式Time-of-Flightと超音波式のテクノロジーの特長を比較しながら設計上の考慮事項を、デモをまじえて解説していきます。

追加情報

このコースは、次のシリーズに属します

Date: 5月23日2019年
arrow-topclosedeletedownloadmenusearchsortingArrowszoom-inzoom-out arrow-downarrow-uparrowCircle-leftarrowCircle-rightblockDiagramcalculatorcalendarchatBubble-doublechatBubble-personchatBubble-singlecheckmark-circlechevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upchipclipboardclose-circlecrossReferencedashdocument-genericdocument-pdfAcrobatdocument-webevaluationModuleglobehistoryClockinfo-circlelistlockmailmyTIonlineDataSheetpersonphonequestion-circlereferenceDesignshoppingCartstartoolsvideoswarningwiki