TI プレシジョン・ラボ- オペアンプ: ノイズ

計算とシミュレーションによってオペアンプのノイズを予測する方法と、ノイズを正確に測定する方法について学習します。

卓上に配置された特に何もしていない標準的な抵抗部品が、実際にはノイズを発生させていることをご存じでしょうか。

実際の回路で発生するノイズについて理解することは、システム全体でのノイズ性能の目標を達成するうえで不可欠です。ただし、ノイズの計算は複雑であり、多くの場合は長く入り組んだ式を計算する必要があります。  このシリーズにより、関連の演習を終了すれば、オペアンプのノイズに関するエキスパートの知識の習得が可能になります。  ノイズ計算の複雑さを大幅に緩和する 5 つの「基本原則」を通じて、回路のノイズを短時間で計算できるようになります。  また、手計算の結果を検証するために、回路のシミュレーションを実行する方法も示します。  オペアンプに関するノイズ・モデルが確立されていない場合はどうしますか。  心配する必要はありません。独自モデルを簡単に作成する方法を説明します。  最後に、ノイズ・テストの技法を示し、実際のノイズ測定を行います。

このビデオ・シリーズでは、オペアンプの雑音に関する理論を取り上げ、次に TINA-TI の回路シミュレーション機能を含むハンズオン・ラボにその理論を適用し、テスト装置を接続した実際の回路を使用して実験を行います。

Additional information

arrow-topclosedeletedownloadmenusearchsortingArrowszoom-inzoom-out arrow-downarrow-uparrowCircle-leftarrowCircle-rightblockDiagramcalculatorcalendarchatBubble-doublechatBubble-personchatBubble-singlecheckmark-circlechevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upchipclipboardclose-circlecrossReferencedashdocument-genericdocument-pdfAcrobatdocument-webevaluationModuleglobehistoryClockinfo-circlelistlockmailmyTIonlineDataSheetpersonphonequestion-circlereferenceDesignshoppingCartstartoolsvideoswarningwiki