共振コンバータのトポロジに関する考察(英語)

2 および 3
2 および 3 素子の共振トポロジの基本から始まり、このセッションでは共振トポロジの主要な特徴、分析方法、制御の課題、設計上の考慮事項について取り上げます。3 つの設計例を使用して、スイッチング周波数の高い(約 1MHz)または出力電圧レギュレーション範囲の広い(2 ~ 1の出力電圧レギュレーション・レベル)共振トポロジの性能を示します。また、このセッションでは、新しい共振トポロジ構造である CLL 共振コンバータを紹介し、従来の LLC 直列共振コンバータと比較したサイズや効率の利点について説明します。最後に、各種アプリケーションに最も適した共振トポロジを選択する方法のガイダンスを提供します。

追加情報

arrow-topclosedeletedownloadmenusearchsortingArrowszoom-inzoom-out arrow-downarrow-uparrowCircle-leftarrowCircle-rightblockDiagramcalculatorcalendarchatBubble-doublechatBubble-personchatBubble-singlecheckmark-circlechevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upchipclipboardclose-circlecrossReferencedashdocument-genericdocument-pdfAcrobatdocument-webevaluationModuleglobehistoryClockinfo-circlelistlockmailmyTIonlineDataSheetpersonphonequestion-circlereferenceDesignshoppingCartstartoolsvideoswarningwiki