TI プレシジョン・ラボ: アイソレーション

絶縁技術とは何か、どんな場合に必要か、などの基礎知識から、代表的なアナログ絶縁デバイスである絶縁アンプ、絶縁モジュレータの原理や使い方、デジタル絶縁、実際に絶縁を行う場合のポイントである沿面距離(Creepage)と空間距離(Clearance)についてなど、基本から解説するビデオシリーズです。

電子回路は各種の素子・部品を配線で結んで作られますが、大規模な回路は複数の機能ブロックの組み合わせで構成されます。回路全体が一続きに結ばれていると、不要な電流・電圧によって不具合を生じる場合があるため、ブロック間を電気的に絶縁して必要な情報だけを伝達する絶縁技術(ガルバニック・アイソレーション)が使用されています。

絶縁技術とは何か、どんな場合に必要か、どのように実現するかという基礎知識から、代表的なアナログ絶縁デバイスである絶縁アンプ、アナログ/デジタルの変換を行う絶縁モジュレータの原理や使い方、デジタル絶縁、実際に絶縁を行う場合のポイントである沿面距離(Creepage)と空間距離(Clearance)についてなど、基本から実務まで役立つよう解説します。回路設計の入門を卒業して中級、実務に進もうとするエンジニアに特にお勧めのビデオシリーズです。

追加情報

arrow-topclosedeletedownloadmenusearchsortingArrowszoom-inzoom-out arrow-downarrow-uparrowCircle-leftarrowCircle-rightblockDiagramcalculatorcalendarchatBubble-doublechatBubble-personchatBubble-singlecheckmark-circlechevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upchipclipboardclose-circlecrossReferencedashdocument-genericdocument-pdfAcrobatdocument-webevaluationModuleglobehistoryClockinfo-circlelistlockmailmyTIonlineDataSheetpersonphonequestion-circlereferenceDesignshoppingCartstartoolsvideoswarningwiki