メール

絶縁電源の基礎~絶縁電源に要求される様々な要求と機能、および簡易絶縁電源~

説明

2020年 9月 15日

フライバックやフォワードなどの絶縁電源の1次側には、スイッチOFF時に高電圧が発生します。1次側スイッチ素子には、高い耐電圧とスパイク状の過電圧を抑制するスナバ回路が必要となります。そして絶縁された2次側の出力電圧を一定電圧に制御するために、1次側へ絶縁された信号帰還が必要です。

これに加え、省エネへの要求から電力変換効率の向上や無負荷時の待機消費電力の低減などグリーン電源の要求仕様を満足する必要もあります。定電流の供給がメインとなるLi-ION電池チャージャー用途の場合と高速な負荷変動に追従制御が必要な回路電源用途の場合では負荷変動に対する応答特性の要求は大きく異なります。

本セッションではこれらの絶縁電源の要求への対応方法を解説します。また、低価格で実現可能な簡易型の絶縁電源の回路方式Fly-buck(フライバック:Flybackではありません)を紹介します。

PDFs for download

追加情報

arrow-topclosedeletedownloadmenusearchsortingArrowszoom-inzoom-out arrow-downarrow-uparrowCircle-leftarrowCircle-rightblockDiagramcalculatorcalendarchatBubble-doublechatBubble-personchatBubble-singlecheckmark-circlechevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upchipclipboardclose-circlecrossReferencedashdocument-genericdocument-pdfAcrobatdocument-webevaluationModuleglobehistoryClockinfo-circlelistlockmailmyTIonlineDataSheetpersonphonequestion-circlereferenceDesignshoppingCartstartoolsvideoswarningwiki