メール

TIプレシジョン・ラボ:センサー シリコン温度センサの熱保護への応用

説明

2020年 9月 28日

代表的な温度センサであるサーミスタ、測温抵抗体(RTD)、熱電対、シリコン温度センサについて特長や使い方を整理します。さらに、あらゆるジャンルのシステム設計エンジニアが関心をもつべき温度アプリケーションとして、回路基板(PCB)の温度監視および熱保護について平易なレベルで解説するビデオシ・リーズ。

高温や低温にさらされるシステムの設計では、動作の信頼性を保証するための熱保護が必要です。複雑な処理、高電流、環境制御などを含むシステムでは、急激な温度上昇の監視と検出に加えて、熱によるシステムのダメージを防止または軽減する機能が重要です。

本セクションでは、シリコンベースの温度センサを使用した、アナログおよびデジタルの熱保護の実用例を紹介します。

PDFs for download

追加情報

arrow-topclosedeletedownloadmenusearchsortingArrowszoom-inzoom-out arrow-downarrow-uparrowCircle-leftarrowCircle-rightblockDiagramcalculatorcalendarchatBubble-doublechatBubble-personchatBubble-singlecheckmark-circlechevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upchipclipboardclose-circlecrossReferencedashdocument-genericdocument-pdfAcrobatdocument-webevaluationModuleglobehistoryClockinfo-circlelistlockmailmyTIonlineDataSheetpersonphonequestion-circlereferenceDesignshoppingCartstartoolsvideoswarningwiki