ヒント:複数の語句はコンマで区切ってください

入力例:01/25/2020

入力例:01/25/2020

ヒント:複数の語句はコンマで区切ってください

入力例:01/25/2020

入力例:01/25/2020

並べ替え:

176 結果

TI のオンライン・アンプ・クロス・リファレンス・ツールを利用した最適なアンプ選択

日付:
2016年 12月 14日

所要時間::
03:39
このビデオでは、TI の オンライン・アンプ・パラメトリック・クロス・リファレンスをご紹介します。このツールにより、アプリケーションに最適な TI のアンプを簡単かつ迅速に選択することができます。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ: Common Mode Rejection(英語)

日付:
2016年 10月 12日

所要時間::
08:25
TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ・シリーズのトレーニング・ビデオでは、オペアンプに印加されるコモン・モード電圧に変化を加えると、AC と DC の両方にどのようにコモン・モード除去誤差が引き起こされるかを説明します。追加のトピックでは、入力電圧に変化を加えると、開ループ・ゲインにどのよう に誤差が引き起こされ

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ: Low Distortion Design 1(英語)

日付:
2016年 10月 12日

所要時間::
11:49
最初のビデオは、シリーズの概要を紹介した後、オペアンプの歪みに関する重要なトピックについて解説します。その目的はオペアンプ回路に存在する歪みの原因について理解し、歪みを最小化する方法を確認することです。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ: Low Distortion Design 2(英語)

日付:
2016年 10月 12日

所要時間::
19:28
2 番目のビデオでは、オペアンプ内部の入力段に起因する歪みの発生源について説明し、差動入力信号の振幅がもたらす影響や、コモンモード制限、コモンモード電圧の関数としての入力インピーダンスに注目します。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ: Low Distortion Design 3(英語)

日付:
2016年 10月 12日

所要時間::
13:59
3 番目のビデオでは、内部の各種トポロジーがもたらす影響、出力負荷、クリッピングなど、オペアンプ内部の出力段に起因する歪みの発生源について説明します。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ: Low Distortion Design 4(英語)

日付:
2016年 10月 12日

所要時間::
13:29
4 番目のビデオでは、抵抗、コンデンサ、電源インピーダンスなど、外部の歪み発生源について説明します。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ: Multiplexers 1 - On-Resistance Flatness and On-Capacitance(英語)

日付:
2016年 10月 12日

所要時間::
10:23
この TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ・トレーニング・ビデオでは、マルチプレクサのオン抵抗およびオン静電容量というパラメータの概要を説明します。オン抵抗がどのようにゲイン誤 差と非直線性を引き起こす可能性があるか、またオン抵抗がマルチプレクサのセトリング動作にどのように影響を及ぼす可能性があるかを示します。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ: Multiplexers 2 - Leakage Current and Charge Injection(英語)

日付:
2016年 10月 12日

所要時間::
10:39
この TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ・トレーニング・ビデオでは、リーケージ電流とチャージ・インジェクションの概要を説明します。入力インピーダンスの大きいデータ・アクイジ ションシステムにリーケージ電流がどのようにオフセット誤差を引き起こす可能性があるか、またマルチプレクサのオン / オフを切り替えるときにチ

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ: Power Supply Rejection(英語)

日付:
2016年 10月 12日

所要時間::
10:07
この TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ・シリーズのトレーニング・ビデオでは、オペアンプに印加される電源電圧に変化を加えると、AC と DC の両方にどのように電源除去誤差が引き起こされるかを説明します。また、電源電圧に変化を加えると、どのようにコモン・モード電圧誤差が引き起こされる可 能性があるかについても説

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ: コモンモード除去と電源除去(英語)

除去は望ましい特性になることがあります。特に、コモン・モード電圧または電源電圧の変動に起因する誤差が発生する場合です。

このビデオ・シリーズでは、オペアンプに印加されるコモン・モード電圧または電源電圧に変化を加えると、AC と DC の両方にどのように誤差が引き起こされる可能性があるかを説明し、オペアンプの内蔵コモン・モード除去機能と電源除去機能を使用して、これらの誤差をどの ように緩和するかを示します。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ: コンパレータ・アプリケーション(英語)

オペアンプのように見えますが、コンパレータの機能はまったく異なります。 コンパレータ・アプリケーションの基礎を知っていますか?

このビデオシリーズでは、アナログ・コンパレータの機能とその主要なDCおよびAC仕様、コンパレータ入力ノイズから保護するためにヒステリシスを適用する方法、およびコンパレータをオペアンプとして使用する場合の長所と短所について説明します。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ: 低歪み設計(英語)

歪みはリニア回路で解決が面倒な課題の 1 つです。何が原因で発生し、どのような方法で低減できるでしょうか?

このシリーズでは、アンプ内部と外部コンポーネント由来の歪みの発生源を紹介します。歪みを最小限に抑える設計方法についても説明します。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ: 基板レベルのトラブルシューティング(英語)

アプリケーション回路が機能しません! どうすればいいでしょう?

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ: 完全差動アンプ(英語)

ADCを駆動するために、センサーからのシングルエンド信号を完全差動信号にどのように変換しますか?

完全差動アンプ(FDA)に関するこのシリーズでは、標準のシングルエンド信号に対する差動信号の利点を学びます。 シングルエンド信号を完全差動信号に変換する完全差動アンプと呼ばれる統合アンプ・アーキテクチャを紹介します。 また、ディスクリート・シングルエンド・オペアンプを使用して構築された差動アンプよりも、統合アーキテクチャがどのように優れているか、についても説明します。

このビデオでは、入力信号、FDAのゲイン構成、およびアナログ/デジタルコンバーター(ADC)とインターフェイスする際に重要な入出力範囲のコンプライアンスの関係を分析する準備をします。 また、FDAを適切に補正および安定化する方法、およびTINA-TIマクロモデルを使用してSPICEでアンプの位相マージンを検証する方法についても学習します。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ: 電力損失と温度の関係(日本語字幕)

過熱はどのように発生するでしょうか。回路にヒートシンクは必要でしょうか。

このシリーズでは、オペアンプにおける電力損失と温度の関係について説明し、温度モデルを使用してさまざまな動作条件下でのアンプの接合部温度を計算する方法を示します。絶対最大定格と内部の過熱保護方式についても説明します。(日本語字幕)

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ: 電流帰還アンプ(英語)

電流帰還アンプとは何でしょうか?システム設計に最適な選択は?

このシリーズは2部構成で、以下の電流帰還アンプの主な利点について学習します。

  • 閉ループゲインに依存しない帯域幅
  • 非常に高いスルーレート

安定性解析とも呼ばれるループゲイン解析を電流帰還アンプで実行し、それを電圧帰還アンプのループゲイン解析手法と比較する方法を学習します。 これら2つのタイプのアンプの概要について説明します。最終アプリケーションに最適なアンプを選択できるようになります。

TI プレシジョン・ラボ- オペアンプ : Op Amps: Input and Output Limitations 3(英語)

日付:
2016年 10月 12日

所要時間::
13:06
4 本目のビデオでは、バイポーラと CMOS の各出力段の違いや、出力負荷と温度が及ぼす影響など、出力振幅制限の詳細について説明します。最後に、短絡時出力保護の概念について紹介します。

TI プレシジョン・ラボ- オペアンプ: Input and Output Limitations 2(英語)

日付:
2016年 10月 12日

所要時間::
14:41
3 本目のビデオでは、アンプ内部に存在するコモンモード、入力電圧範囲、制限を引き起こすさまざまな要因の詳細について、さらに、各種オペアンプ入力トポロジーの長所/短所について解説します。

TI プレシジョン・ラボ- オペアンプ: National Instruments VirtualBench™ Overview (日本語吹替版)

日付:
2015年 3月 23日

所要時間::
07:50
このオンデマンド・カ リキュラムでは、理論と、実践されるラボの演習を組み合わせて、エンジニアの技術的専門知識を深め、迅速な能力開発を目的としています。

TI プレシジョン・ラボ- オペアンプ: Power and Temperature(英語)

日付:
2016年 10月 12日

所要時間::
17:30
このシリーズでは、オペアンプにおける消費電力と温度の関係について説明します。DC と AC におけるアンプの電力損失について説明し、アンプの熱モデルを示した後、そのモデルを使用してアンプの接合部温度を計算します。さらに、アンプの絶対最大 定格温度と内部の過熱保護方式についても説明します。
176 結果
arrow-topclosedeletedownloadmenusearchsortingArrowszoom-inzoom-out arrow-downarrow-uparrowCircle-leftarrowCircle-rightblockDiagramcalculatorcalendarchatBubble-doublechatBubble-personchatBubble-singlecheckmark-circlechevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upchipclipboardclose-circlecrossReferencedashdocument-genericdocument-pdfAcrobatdocument-webevaluationModuleglobehistoryClockinfo-circlelistlockmailmyTIonlineDataSheetpersonphonequestion-circlereferenceDesignshoppingCartstartoolsvideoswarningwiki