ヒント:複数の語句はコンマで区切ってください

入力例:09/19/2021

入力例:09/19/2021

ヒント:複数の語句はコンマで区切ってください

入力例:09/19/2021

入力例:09/19/2021

並べ替え:

6199 結果

【前編】 DCDC コンバータのノイズ発生原理

日付:
2017年 12月 5日

所要時間::
37:36
DC/DC コンバータのスイッチング周波数の上昇により、従来のスイッチング周波数の高調波によるノイズよりはるかに高い数 100MHz 帯の周波数でのノイズが EMI として発生する事が問題となってきています。何故これほど高い周波数のノイズが発生するのかを解説します。

【後編】 DCDC コンバータのノイズ発生原理

日付:
2017年 12月 5日

所要時間::
24:49
DC/DC コンバータのスイッチング周波数の上昇により、従来のスイッチング周波数の高調波によるノイズよりはるかに高い数 100MHz 帯の周波数でのノイズが EMI として発生する事が問題となってきています。スイッチング DC/DC コンバータで何故これほど高い周波数のノイズが発生するのかを解説します。

【前編】レイアウトとノイズ対策方法

日付:
2017年 12月 5日

所要時間::
51:40
フィルタを使用した高周波ノイズの対策方法とフィルタにより発生する問題点、スナバーやゲート抵抗による従来方式のノイズ対策方法と設計時の注意点、高周波ノイズの発生自体を元から断つ為の部品の選択、部品のレイアウトと基板のアートワーク方法を解説します。

【前編】電源用基板の熱設計

日付:
2017年 12月 5日

所要時間::
59:26
優れたヒートシンクとして基板を設計する為に、熱移動の 3 形態(伝導、対流、放射)による放熱の基礎、電気回路シミュレータを利用した簡易熱シミュレーションによる基板のサイズと構造による温度上昇の違い、そして、熱パラメータの使用方法について解説します。

【後編】電源用基板の熱設計

日付:
2017年 12月 5日

所要時間::
22:12
優れたヒートシンクとして基板を設計する為に、熱移動の 3 形態(伝導、対流、放射)による放熱の基礎、電気回路シミュレータを利用した簡易熱シミュレーションによる基板のサイズと構造による温度上昇の違い、そして、熱パラメータの使用方法について解説します。

中級者のための電源設計セミナー

本セミナーでは POL 電源設計に的を絞り、電源の設計時に考慮すべき負帰還制御方式、LC
 The TIDA-01021 connected to the ADC12DJ3200EVM and LMX2594EVM.

複数クロックの同期:ハードウェア設定

日付:
2017年 12月 19日

所要時間::
02:31
このビデオはTIDA-01021 の 2 つのクロック出力間の DEV_CLK スキュー、2 個の ADC12DJ3200EVM のアナログ・チャネル間スキューを解説します。

ミリ波レーダを活用したデモ・ビデオ・シリーズ

このシリーズでは、TI のシングルチップ・ミリ波センサを活用してテストをした、様々な車載 /

30 分でわかる! HMI アプリケーション向けタッチ・センシング設計のヒント

日付:
2018年 1月 31日

所要時間::
27:35
HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)アプリケーション向けのタッチ・センシング・ソリューション設計を簡単に実現する方法を、30 分でコンパクトに学べるオンデマンド版ウェブセミナーです。

アナログ・セミナー TI プレシジョン・ラボ:ADC

アナログ・セミナー TI プレシジョン・ラボ ADC

宮崎仁によるまるわかり WEBENCH® 使いこなし術

日付:
2018年 2月 14日

所要時間::
52:38
実用的な電源回路の設計では、コスト、サイズ、効率のバランスを高度に最適化することが求められます。 設計時間を短縮し、経験を増やすのに便利なのが、WEBENCH オンライン設計支援ツールです。 このトレーニング・ビデオでは、電源回路設計の基礎から設計のヒントまで、実際に WEBENCH ツールを使いながら解説します。

TI プレシジョン・ラボ ADC(日本語吹替版)直流特性の仕様について: 入力容量、漏れ電流、入力インピーダンス リファレンス電圧範囲 INL(積分非直線性)DNL(微分非直線性)

日付:
2018年 2月 16日

所要時間::
16:10
A/D コンバータの直流特性の仕様について: このセクションのテーマは、通常の A/D コンバータのデータシートに記載されている特性仕様の見方や注意点です。 このビデオでは、入力容量、漏れ電流、入力インピーダンス、リファレンス電圧範囲、積分非直線性 INL、微分非直線性 DNL について説明します。

TI プレシジョン・ラボ ADC(日本語吹替版) AC と DC の仕様について: オフセット誤差、ゲイン誤差、CMRR(コモンモード除去)、PSRR(電源除去比)、SNR(信号対ノイズ比)、THD(全高調波歪)

日付:
2018年 2月 15日

所要時間::
11:29
交流仕様と直流仕様について: このビデオでは、オフセット誤差、ゲイン誤差、同相モード除去比、電源リップル除去比について解説。また、信号-雑音比や全高調波歪などの交流仕様についても説明します。

TI プレシジョン・ラボ ADC(日本語吹替版) SAR (逐次比較型) A/D コンバータの入力型式

日付:
2018年 2月 15日

所要時間::
13:41
テーマは SAR、逐次比較型 A/D コンバータの入力型式です。 このビデオでは、シングルエンド、疑似作動、完全差動、真の差動の各入力型式の違いについて説明します。またユニポーラ入力とバイポーラ入力ならびにスイッチト・キャパシタ型と内部バッファ内蔵の SAR 型コンバータについても解説します。

(日本語吹替版)オペアンプを使って SAR A/D コンバータを駆動する場合の直線範囲

日付:
2018年 2月 15日

所要時間::
18:58
オペアンプを使ってSAR型ADCを駆動する際の注意: オペアンプを使った直線性を備えた駆動回路の設計、特にオペアンプの同相モード範囲と出力振幅の限界が、SAR A/Dコンバータの性能にどのように影響するかについて説明します。同相モードや出力振幅の制限の影響を避けるためのオペアンプの設計手法についても解説します。
2-3: 計測アンプを使ってSAR A/Dコンバータを駆動する場合の直線範囲

TI プレシジョン・ラボ - データ・コンバータ: 2-4 計測アンプを使ってSAR A/Dコンバータを駆動する場合の直線範囲

日付:
2018年 8月 18日

所要時間::
10:22
アナログ・セミナー データ・コンバータのトレーニング・ビデオ。リニア動作向けにフロントエンド計測アンプ駆動回路を設計する方法を紹介します。

Driving a SAR ADC with a Fully Differential Amplifier(英語)

日付:
2018年 2月 15日

所要時間::
13:37
完全差動アンプ(FDA)を使用して ADC 駆動回路を設計する方法について説明します。

Statistics Behind Error Analysis(英語)

日付:
2018年 2月 15日

所要時間::
07:02
データシートに記載されている仕様の代表値と最大値の統計的な含意について取り上げます。

Understanding and Calibrating the Offset and Gain for ADC Systems(英語)

日付:
2018年 2月 15日

所要時間::
13:22
ゲイン誤差とオフセット誤差を計算する方法と、キャリブレーションを通じて除去する方法について説明します。

Using SPICE Monte Carlo Tool for Statistical Error Analysis(英語)

日付:
2018年 2月 18日

所要時間::
07:09
TINA-SPICE モンテカルロ分析を使用して統計的な誤差分析を行う方法を解説します。
6199 結果
arrow-topclosedeletedownloadmenusearchsortingArrowszoom-inzoom-out arrow-downarrow-uparrowCircle-leftarrowCircle-rightblockDiagramcalculatorcalendarchatBubble-doublechatBubble-personchatBubble-singlecheckmark-circlechevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upchipclipboardclose-circlecrossReferencedashdocument-genericdocument-pdfAcrobatdocument-webevaluationModuleglobehistoryClockinfo-circlelistlockmailmyTIonlineDataSheetpersonphonequestion-circlereferenceDesignshoppingCartstartoolsvideoswarningwiki