ヒント:複数の語句はコンマで区切ってください

入力例:07/13/2020

入力例:07/13/2020

ヒント:複数の語句はコンマで区切ってください

入力例:07/13/2020

入力例:07/13/2020

並べ替え:

5995 結果

Aliasing and Anti-aliasing Filters(英語)

日付:
2018年 2月 18日

所要時間::
07:59
周波数ドメイン・エイリアシングの概念と、アンチエイリアシング・フィルタが必要な理由について解説します。
Intro to SAR ADC Front End Component Selection

Introduction to SAR ADC Front-End Component Selection(英語)

日付:
2018年 2月 18日

所要時間::
17:25
最適な ADC 性能の実現のために最適な外部部品を選択する方法について説明します。
Fast Fourier Transforms (FFT)

Fast Fourier Transforms (FFTs) and Windowing(英語)

日付:
2018年 2月 18日

所要時間::
10:46
FFT(高速フーリエ変換)と、ウィンドウ化を通じて誤差の生成源を最小化する概念について説明します。
Coherent Sampling

Coherent Sampling and Filtering to Improve SNR and THD(英語)

日付:
2018年 2月 18日

所要時間::
06:53
高精度特性分析のためのコヒーレント・サンプリング / フィルタリングの概念を紹介します。

Introduction to Frequency Domain(英語)

日付:
2018年 2月 18日

所要時間::
11:18
「周波数ドメイン」の概念を紹介します。

Final SAR ADC Drive Simulations(英語)

日付:
2018年 2月 18日

所要時間::
06:36
すでに取り上げたビデオで紹介した外部 R と C の部品を使用し、シミュレーションの結果を紹介します。

Math Behind the R-C Component Selection(英語)

日付:
2018年 2月 18日

所要時間::
06:10
ADC SAR Drive Calculator(英語)で使用している数学アルゴリズムを紹介します。

Refine the Rfilt and Cfilt Values(英語)

日付:
2018年 2月 18日

所要時間::
13:43
外部 R と C の値の選択を最適化するプロセスを紹介します。

Selecting and Verifying the Driver Amplifier(英語)

日付:
2018年 2月 18日

所要時間::
09:02
ドライバ・アンプを選択するプロセスとその SPICE モデルの検証方法を紹介します。

Building the SAR ADC Model(英語)

日付:
2018年 2月 18日

所要時間::
12:17
SAR(逐次比較型)ADC 向け TINA Spice モデルの作成法を紹介します。

Calculating the Total Noise for ADC Systems(英語)

日付:
2018年 2月 18日

所要時間::
10:11
ADC、アンプ、リファレンスに関して総システム・ノイズの予測法を紹介します。

Using SPICE Monte Carlo Tool for Statistical Error Analysis(英語)

日付:
2018年 2月 18日

所要時間::
07:09
TINA-SPICE モンテカルロ分析を使用して統計的な誤差分析を行う方法を解説します。

TI プレシジョン・ラボ ADC(日本語吹替版)直流特性の仕様について: 入力容量、漏れ電流、入力インピーダンス リファレンス電圧範囲 INL(積分非直線性)DNL(微分非直線性)

日付:
2018年 2月 16日

所要時間::
16:10
A/D コンバータの直流特性の仕様について: このセクションのテーマは、通常の A/D コンバータのデータシートに記載されている特性仕様の見方や注意点です。 このビデオでは、入力容量、漏れ電流、入力インピーダンス、リファレンス電圧範囲、積分非直線性 INL、微分非直線性 DNL について説明します。

Understanding and Calibrating the Offset and Gain for ADC Systems(英語)

日付:
2018年 2月 15日

所要時間::
13:22
ゲイン誤差とオフセット誤差を計算する方法と、キャリブレーションを通じて除去する方法について説明します。

Statistics Behind Error Analysis(英語)

日付:
2018年 2月 15日

所要時間::
07:02
データシートに記載されている仕様の代表値と最大値の統計的な含意について取り上げます。

Driving a SAR ADC with a Fully Differential Amplifier(英語)

日付:
2018年 2月 15日

所要時間::
13:38
完全差動アンプ(FDA)を使用して ADC 駆動回路を設計する方法について説明します。

(日本語吹替版)オペアンプを使って SAR A/D コンバータを駆動する場合の直線範囲

日付:
2018年 2月 15日

所要時間::
18:58
オペアンプを使ってSAR型ADCを駆動する際の注意: オペアンプを使った直線性を備えた駆動回路の設計、特にオペアンプの同相モード範囲と出力振幅の限界が、SAR A/Dコンバータの性能にどのように影響するかについて説明します。同相モードや出力振幅の制限の影響を避けるためのオペアンプの設計手法についても解説します。

TI プレシジョン・ラボ ADC(日本語吹替版) SAR (逐次比較型) A/D コンバータの入力型式

日付:
2018年 2月 15日

所要時間::
13:41
テーマは SAR、逐次比較型 A/D コンバータの入力型式です。 このビデオでは、シングルエンド、疑似作動、完全差動、真の差動の各入力型式の違いについて説明します。またユニポーラ入力とバイポーラ入力ならびにスイッチト・キャパシタ型と内部バッファ内蔵の SAR 型コンバータについても解説します。

TI プレシジョン・ラボ ADC(日本語吹替版) AC と DC の仕様について: オフセット誤差、ゲイン誤差、CMRR(コモンモード除去)、PSRR(電源除去比)、SNR(信号対ノイズ比)、THD(全高調波歪)

日付:
2018年 2月 15日

所要時間::
11:29
交流仕様と直流仕様について: このビデオでは、オフセット誤差、ゲイン誤差、同相モード除去比、電源リップル除去比について解説。また、信号-雑音比や全高調波歪などの交流仕様についても説明します。

宮崎仁によるまるわかり WEBENCH® 使いこなし術

日付:
2018年 2月 14日

所要時間::
52:38
実用的な電源回路の設計では、コスト、サイズ、効率のバランスを高度に最適化することが求められます。 設計時間を短縮し、経験を増やすのに便利なのが、WEBENCH オンライン設計支援ツールです。 このトレーニング・ビデオでは、電源回路設計の基礎から設計のヒントまで、実際に WEBENCH ツールを使いながら解説します。
5995 結果
arrow-topclosedeletedownloadmenusearchsortingArrowszoom-inzoom-out arrow-downarrow-uparrowCircle-leftarrowCircle-rightblockDiagramcalculatorcalendarchatBubble-doublechatBubble-personchatBubble-singlecheckmark-circlechevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upchipclipboardclose-circlecrossReferencedashdocument-genericdocument-pdfAcrobatdocument-webevaluationModuleglobehistoryClockinfo-circlelistlockmailmyTIonlineDataSheetpersonphonequestion-circlereferenceDesignshoppingCartstartoolsvideoswarningwiki