TI プレシジョン・ラボ- オペアンプ: 入力/出力制限(日本語)

クリッピングや他の非線形の動作など、オペアンプの信号出力に関して予期しない動作を経験したことがあるでしょうか。

入力同相電圧の制限か、出力電圧スイング制限のどちらかが、これらの動作の原因になっている可能性があります。  実際の回路状況に即して、データシートの仕様について理解すると、このような問題の発生を防止できます。  さまざまなプロセス・テクノロジーに対して、オペアンプの入力段と出力段に詳細に注目すると、より理解を深めることができます。

オペアンプの入力制限と出力制限の背景にある理論を取り上げ、次に TINA-TI の回路シミュレーション機能を含むハンズオン・ラボにその理論を適用し、テスト装置を接続した実際の回路を使用して実験を行います。

Additional information

arrow-topclosedeletedownloadmenusearchsortingArrowszoom-inzoom-out arrow-downarrow-uparrowCircle-leftarrowCircle-rightblockDiagramcalculatorcalendarchatBubble-doublechatBubble-personchatBubble-singlecheckmark-circlechevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upchipclipboardclose-circlecrossReferencedashdocument-genericdocument-pdfAcrobatdocument-webevaluationModuleglobehistoryClockinfo-circlelistlockmailmyTIonlineDataSheetpersonphonequestion-circlereferenceDesignshoppingCartstartoolsvideoswarningwiki