TI プレシジョン・ラボ- オペアンプ:  安定性

設計した回路が高精度の DC

設計した回路が高精度の DC 出力を生成し、最終的に発振回路として動作してしまったことがありますか?

このシリーズを視聴した後は、そのような動作が再発することを防止するためのあらゆるツールと情報を入手できます。  このセッションでは、安定性に関する基本理論を扱い、SPICE を使用したシミュレーションにその理論を適用し、実際の回路を使用して実験を行います。  オペアンプの安定性に関する問題で一般的に見られる原因と、安定性を向上させるための一般的な補償技法と、それらに関連するトレードオフについても学びます。

このビデオ・シリーズでは、オペアンプの安定性に関する理論を取り上げ、次に TINA-TI の回路シミュレーション機能を含むハンズオン・ラボにその理論を適用し、テスト装置を接続した実際の回路を使用して実験を行います。

Additional information

arrow-topclosedeletedownloadmenusearchsortingArrowszoom-inzoom-out arrow-downarrow-uparrowCircle-leftarrowCircle-rightblockDiagramcalculatorcalendarchatBubble-doublechatBubble-personchatBubble-singlecheckmark-circlechevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upchipclipboardclose-circlecrossReferencedashdocument-genericdocument-pdfAcrobatdocument-webevaluationModuleglobehistoryClockinfo-circlelistlockmailmyTIonlineDataSheetpersonphonequestion-circlereferenceDesignshoppingCartstartoolsvideoswarningwiki